3の倍数でパンになります!

マリオやドラクエ(妄想含む)、実況動画紹介や、その他諸々。

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

二次創作「スーパーマリオブラザーズZ」の募金活動と任天堂の対応

少し前の話題になりますが、ニュース記事へのリンクを貼っておきます。

任天堂、ファンの二次創作『スーパーマリオブラザーズZ』にブチ切れ! 法的措置を試みるも作者は悪びれることなく募金活動再会へ

以前から名前だけは聞いたことありました。
中身はというと、ドラゴンボールZのテイストを意識した世界観で、
任天堂とセガのキャラが協力して、さまざまな敵を倒していくというもの。

ひっそりと個人で完結させる分にはそう悪いこともないと思うのですが、
問題は、二次創作にもかかわらず、無断で募金活動をして、
金儲けに使おうとしたところ。
そういう経緯で、任天堂は法的措置を試みることになったそうです。

中には、この件で任天堂を責める意見もあるようですが、
任天堂だけでなく、セガのような他社のキャラも
巻き込まれているということで、任天堂が
このような措置を取ったのは、至極当然かと思われます。
自分は、任天堂の判断を大いに支持します。

ブログ復活後の記事で、自分は、
「違法で共同制作する人がいるなら、工作員として紛れ込んででも阻止して
辞めさせないといけない使命感に駆られてる。」
と、本気かどうか分からない冗談めいた主旨のことを言いました。
具体的にどういった共同制作があるかはあまり把握していませんが、
この案件に関しては、まさにそれにあたるのではないかと。

作者がこの作品を完成させることを楽しみにして、
募金活動に加担する人がいるという原理も理解は出来るのですが、
それでも、あくまで二次創作ということで、わきまえるべき。
今までは大目に見てもらえても、今後募金に協力することで
何らかの粛清を受けることになっても、しょうがないと思います。

とはいえ、自分が実際に工作員として阻止したり
直接粛清を下したりするかどうかはまた別問題で、
悪目立ちして変な輩から目を付けられちゃうと怖いので、
止めておきます><
だけど、せめて任天堂の対応を支持するという意思表明だけは
しておきたいなと思って、今回記事にしました。

今後も、定期的にこういう記事を投稿するかもしれませんが、
次回は、直接ゲームに関連するような
面白い記事を投稿出来ればな、と思ってます。
スポンサーサイト
  1. 2016/02/24(水) 15:00:45|
  2. 雑談
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

FC2Ad

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。